けど弱い訳じゃないんだ

院卒ヲタクだってええじゃないか

滝沢歌舞伎ZERO大千穐楽おめでとうございます! 私的総括

京都南座から、横アリ単独や少年たち舞台挨拶などがあり、いろいろ感想を書きたかったけど、いつの間にか新橋演舞場千穐楽になってしまっていた。

 

新橋演舞場では数回観劇できたけれど、ほぼA席だったので、Snow ManYouTubeより顔変身アプリFaceAppで渡辺くんが女性に変身したときの顔が「客席の二列目辺りにいそう」な顔なら、A席の女の顔は私だと思う。

 

今年から、ノートにSnow Manの毎日の出来事をメモ的に記しているので、それはそれで気持ち悪いけど…それを元に、基本新橋演舞場滝沢歌舞伎ZEROの私的総括をしていきたいと思う。

南座の感想と被るところがあると思うが、自分の記事を読み返すことをあまりしないので、そこは目を瞑る。

 

 

❅ひらりと桜

登場した時の音楽とSnow Manが影になっているのがなぜか切なくなる。うまく言い表せないけど…。

ひーくんの「春の踊りはー」が滝沢歌舞伎を背負う気合いと覚悟みたいなのが感じられてぐっときた。

100kgの桜が落ちてくるところで、桜が舞っているというより桜の塊がぼとって落ちるところ凄い。重みがある。本当にぼとって感じで、後から面白みを感じてしまう…。一瞬Snow Manが見えなくなるのだけれど、そこから勢いよく飛び出してきて躍動を感じる。Snow Manのこれからの勢いを表しているようだった。

全員を常に見られないから分からないけれど、こーじくんと阿部ちゃんがにこにこ踊っていて、この舞台に立てられていることへの喜びを感じられたのが良かった。

私の好きな渡辺くんは儚い。なんか儚い。

 

組曲

ただただ踊り続けているの凄い。

ダンスのことは詳しく知らないけど、この時は無心に見ていた。

組曲の渡辺くんのステフォ出て欲しかった。

 

❅殺陣

舘さまと渡辺くんが剣を交えるところ、幼馴染という背景があるからこそ高まる。

腹筋太鼓でもそうだけど、渡辺くんの歯を食いしばって苦しそうな顔しているのが好きだな。

殺陣も無心で見ていた。

殺陣の渡辺くんのステフォ出て欲しかった。2回目。

 

❅変面

こーじくんとめめちゃんも良かったけれど、ひーくんの存在感が出てた。

 

❅Maybe

阿部ちゃんのMaybeがやばい。ふっかもやばいけど。

ふっかと阿部ちゃんに歌わせてくれてありがとうと感謝を述べたい。阿部ちゃんの歌声が好き。ラウールとさっくんのダンスは本当気迫ある。ラウールのダンスはなんか目を引く。

 

❅My Friend

南座では渡辺くん歌い辛そうなところがあったけれど、新橋では声が出ていてのびやかに歌っている印象だった。口を大きく開けて、響くように一生懸命歌っていた。渡辺くんの歌声に酔う。

My Friendではほぼ渡辺くんしか見ていなかったので、是非円盤化して頂き、エアリアルの舘さまもしっかり見たい。

 

❅腹筋太鼓

腹筋太鼓しているときの渡辺くん、照明の影響からか肌が白くて本当に綺麗。新橋では大分筋肉付いてきてた。腕の筋肉が良い。筋肉が程よく付いていて白いから、なんだか美味しそうと思いながら見ていた。

腹筋太鼓でもほぼ渡辺くんしか見ていなかったので、円盤化で、メカ太鼓のさっくん、こーじくん、めめちゃんを見たい。

 

❅Make It Hot

腹筋太鼓後のMIHは、体力的にとてもきつそうだと感じていた。見ているこちらも買ってきつく感じている。

ラウールと渡辺くんアイコンタクト取る。

 

❅歌舞伎

五右衛門の迫力。ひーくんは凄いな。

舘さまとひーくんの刀投げは客席の方も緊張感が高まって空気がぴりっとする。

A席が多かったので、大向こうさんのいわもとぉーの掛け声がより近くで聞けられて楽しかった。自分も叫びたくなる。この掛け声、四文字だとしっくりくるなと感じた。なので、阿部とか言い辛そう。

桜の舞は本当に綺麗。阿部ちゃんの女形は綺麗で、さっくん女形は可愛い。

渡辺くんの色男っぷりにびっくりした。綺麗すぎて目が離せなかった。綺麗な目つきに綺麗な鼻筋。目線のやり方が色っぽい。阿部ちゃんとさっくんへ目線をやるのだけれど、本当色男。桜の舞で渡辺くんが最後はけるときに、ゆっくり振り向くのがいい。

そして、総踊りの豪華さ‼花鳥風月~

この曲をよく口ずさんでしまう。

総踊りのSnow Manに圧倒される。9人体制になっていろいろあったと思うけど、これを見てSnow Manの未来が明るいものだと感じてしまう。

これで一幕が終わるのだけれど、すでにスタンディングオベーションしたい気持ちに駆られる。幕間は興奮したままお手洗いに向かう。

 

❅鼠小僧

新橋でラウールが入ったことによって、話の内容が南座とは違ったけど、ラウール演じる以蔵は悪役だけれど、ひーくん演じる新吉に味方するというところが、今後のSnow Manを二人が背負っていくのを描いているような感覚だった。

新橋では大量の水を使用して迫力ある演出になっていた。

噴水の中はけていく銀さんの眼鏡が、水の勢いで取れたときがあり、あれあれ?みたいになっていて可愛かった。

でも、水を使っていない南座の演出も好きだったな。

銀さんのキャラ好きだったな。毎年キャラぶれてるって嘆いていたけど、銀さんのキャラかなり好きだった。口すぼめたり、にっこりしたり、いろんな表情してて可愛かった。

あべぞうが令和から犬になっていて驚いた。あの着ぐるみは犬でもいけたことが面白かった。猫可愛かったのに。

お丸がいると締まる。

 

❅WITH LOVE

A席だと、鏡のように水面に映る桜やSnow Manが見られて綺麗だった。

 

 

最後に食事面も…。

滝こみごはん弁当桜と煌両方食べられて満足‼自分的には煌のほうが好きだったかな。

サラダうどんも美味しかった。食べやすかった。

サラダそばも食べてみたかったなー。

桜シフォンも桜の風味がして美味しかったけれど、とてもぱさぱさして口の中の水分が全て持っていかれた。

人気のタピオカは、飲みたかったけれど、お手洗いに行きたくなるので飲まなかったのが心残り。

信玄餅クレープも食べた。美味しかったー。

 

 

今年の春は、桜を見ながらSnow Manに想いを馳せられた。

桜は散るのではなく舞うSnow Manのおかげで毎日桜を見ながら頑張れた。

Snow Manお疲れさまでした。

 

 

 

おまけに…始めにも書いたが、ノートに毎日のことメモしているので、滝沢歌舞伎ZEROの見学者をまとめてみた。自分が気になったものしかメモしていないので、全員ではないのですみません。名前は敬称略あったり、呼び名だったりですみません。間違いもあるかも…。

2/3 きょも、ちゃか、しめ

2/4 東山さん

2/5 13:00 西畑、岸本

2/13 ジェシー、しんちゃん

2/17 13:00 塚ちゃん、ラウール

2/19 こーち

2/21 じゅり

2/24 13:00 藤原、大橋、高橋

 

4/10 勝利くん

4/13 13:00 越岡、松崎

4/14 18:00 室

4/16 18:00 寺西

4/19 河合

4/20 13:00 風間くん(ZIP取材)

4/23 13:00 とっつー

4/24 きょもぱぱ、福田、辰巳

4/26 優馬くん

4/27 13:00 のえる、こじゃ

5/4 18:00 みずき、作間

5/7 18:00 まっすー

5/9 藤井、橋本

5/11 18:00 はせじゅん

5/12 13:00 正門、福本 18:00 松本、江田

5/14 13:00 菊池 収録カメラあり

5/15 トラジャ御一行(のえる以外)

5/17 けんてぃー

5/18 13:00 三宅くん 18:00 ジェシー那須

 

笑いあり涙ありの滝沢歌舞伎ZERO

京都を満喫しつつ、滝沢歌舞伎ZEROを観劇してきた。

 

Snow Manは凄かった‼︎

堂々と舞台に立っていて、Snow Manを好きになって間違いなかったと思った。

 

 

 

けれども、率直な意見を述べると、改めてタッキーの華やかさが分かったかな。

Snow Man8人が、それぞれタッキーが今までやっていた演目を行っていたのだけれど、それをタッキーは一人でこなしてあれだけ豪華な舞台を作り上げていた凄さが分かった。決して、Snow Manが華やかではないわけではないけれど、タッキーって人を引き付けるんだなと思った。

また、今回の滝沢歌舞伎ZEROの世界観によるものかもしれないが、衣装が地味かなと感じた。一個人の意見で、具体的に言葉にできないけど、もっと華やかなきらきらな衣装をSnow Manに多く着せて欲しかったなと思う。

 

 

 

私の希望はここらへんだけにして、あとは滝沢歌舞伎ZEROの感想を述べたい。

 

 

まず、オープニングで桜をイメージしたピンクの衣装で踊っているのが、寒い京都で暖かさを感じた。Snow Manから桜の美しさを感じた。

そういえば、ポスターも桜をイメージしていて、躍動感あふれるSnow Manが本当にかっこいい。目尻に赤いライン(歌舞伎の用語で隈取と言うのかな…?)を入れていて、それがまた力強さを感じてかっこいい。

それから、桜吹雪というか、桜が舞台上に一気に落ちて重みを感じたし、Snow Manが見えなくなるので、すごい量なんだなと思った。凄すぎておもしろかったし、圧倒された。舞台上にもかなりの量が積もっていた。

 

ひーくんのよ〜いやさーは震えたな。今までタッキーが言ってたのをひーくんが受け継いでいて熱いものを感じた。

 

タッキーの変面って完璧で凄いなと思っていたけど、それをひーくん、めめちゃん、こーじくんが上手にやっていて引き込まれた。

 

それから、渡辺くん好きには外せないのがMy Friend‼︎

しかもこれを館さまのエアリアルで歌うっていうのが…なにこれ…これがゆり組ってやつか…って頭抱えた。

そして、渡辺くんの歌声が本当にいい‼︎

あれ、みんな渡辺くんのこと好きになっちゃうんじゃないかなと思った。

少し掠れてるときもあって、歌いづらそうな感じもあったけど、大丈夫だったかな…

 

殺陣の渡辺くんも気迫溢れる表情でかっこよかった。真剣な表情がいい。

殺陣で渡辺くんと舘さまが刀を交わすシーンもあって、ゆり組というやつだった。

 

名物の腹筋太鼓って本当狂ってる感ある。褒めてます。

自担が苦しんでいる表情見るのって、なんかぞくぞくする。

渡辺くんは、肌綺麗でそんな肌に汗が伝うのがまた色っぽい。

 

 

舞台上の化粧も渡辺くんをずっと双眼鏡で見てたけど、自担が化粧しているところを見れるって、私個人的にはなんか高まる。

それからの、桜の舞‼︎

女形の阿部ちゃんとさっくんが取り合う色男の渡辺くん‼︎

あれは阿部ちゃんは花魁で、さっくんは街の可愛らしい娘みたいな感じなのかな…。背の高い阿部ちゃんが腰を落として舞っていたのが印象的だった。

阿部ちゃんもさっくんも綺麗なんだけど、渡辺くんの色男っぷりが綺麗すぎる。

白塗りしているお顔の目線が流れるように動いていて、目が離せなかった。

色男の渡辺くんはずるい。

そして、総踊りで6人のSnow Manが前列で横一列で舞っていて、そう‼これが見たかったんだよ‼感があった。本当豪華絢爛。みんなかっこいい。

 

 

鼠小僧では、なんだかみんなタッキーの面影を追っている気がして、少し寂しく感じた。

今回、新しく登場する、さっくん演じる金さんの弟、銀さん役の渡辺くんがかわいすぎる‼︎

瓶底眼鏡でガリ勉で、教科書をしきりに捲っていて、すりすり歩く姿がかわいすぎて頭抱える。喋り方もどもっていたりして、本当かわいい‼︎カニさん歩きではけていくところ笑えるけど、かわいい‼︎

 

ひーくんはかっこいいね。2代目鼠小僧になるのかと思ったけど、かっこいい役だったよ…。

ふっかのお丸ちゃんはさらにパワーアップしてる気がした。かわいい。

阿部ちゃんの猫あざとい。

館さまは変わらず、そして亀ちゃんを慕っているのがとてもよく分かる。

さっくんの金さんも変わらない。渡辺くんとの絡みありがとう。

めめちゃんとこーじくんの悪役もとても良かったなー。気迫があった。

 

鼠小僧が終わって、稽古風景の映像が流れるのだけれど、なぜかその時に目が潤む。

6人のSnow Manから9人体制になって、まだラウールくんは出ていないけれども、一生懸命稽古してて、最後に8人の笑顔が映るときに、この子たちが幸せであって欲しいと無性に思えて悲しくなる。

本当に幸せであって欲しいと願ってやまない。

 

 

 

滝沢歌舞伎をほとんど観劇したことないけれど、去年から今年の滝沢歌舞伎を観て、滝沢歌舞伎って豪華絢爛だけれど、もの悲しさを感じた。

それはタッキーの引退等の出来事があったからかもしれないけれど…

今年の滝沢歌舞伎ZEROを観劇してから、去年のをBlu-rayで観ると、このときは誰も、タッキー本人でさえも引退するなんて考えてなかったんだと思うと悲しくみえる。

引退はマイナスな面ばかりではないことは分かっているし、きっと前向きな決断だったんだろうということは分かる。

でも、Snow Man滝沢歌舞伎を受け継いで、さらに9人体制になったことによりただただ楽しいだけの気持ちでは観れなくなった。

以前は、KEN☆Tackeyの逆転ラバーズを観てても楽しそうな雰囲気で幸せになってたけど、今観るとみんな楽しそうに踊っているのが逆に悲しくなってきて涙が出てくる。

 

それでも、滝沢歌舞伎の重圧を跳ね除けてるSnow Manを見届けたい‼︎

Snow Manが幸せになる未来を夢見てる。

誰も怪我無く、新橋演舞場の大千穐楽を迎えられることを祈っている。

 

 

 

最後に…

以前こんなことを書いたけれど…

yowaiwakejyanai.hatenablog.jp

IPSAを使用していて、途中、肌の乾燥がひどくなって止めてしまった。

私の肌には合わなかったのかな…。

いっそ、外野の言葉はシカトする!haha!ぐらい言って欲しい…

Snow Man増員の件から、Jr.界隈が穏やかではない。

Snow Man6人と加入した3人の一挙一動が注目され、ある一言で前向きになれそうなこともあれば、また別の一言でそっぽ向いてしまうことがある。

私がSnow Manを好きだから、それが全てのように感じるけれど、世間はそんなこと全く気にしていない。自分もあれからモヤモヤしているけれど、仕事に行けば周りはそんなこと全く知らないことを身をもって知る。だから、狭い世界の中でいろいろやってるだけのことなんだと思おうとしている。さすがに嵐の活動休止は話題になったし、私に心配の声を掛けてくれる人がいた。

でも、やっぱりSnow Manのことを考えてしまう。Snow Manがこんなに大好きになってしまった今、もう切り離すことはできない。

最初は酷く落ち込んだけど、時間が経てばメンタルは立て直してくる。時々、9人のSnow Manが目に入ると溜息が出ちゃうけれど…

 

一個人の意見として、この増員は、新しい風を吹かせるためっていうのをよく見かけるけど、もう今の状況だとどちらに転んでもファンと一体になることは難しいんじゃないかと思う。

9人でそのままSnow Manをやっていくにしても、6人に戻ったとしても、離れていくファンがいると思うし、疑心暗鬼になるファンがいると思う。

9人になったことで、加入した3人のファンが増えるだろうけど、6人のファンが離れていく。全員が離れていくわけではもちろんない。9人を受け入れるファンもいる。

6人に戻ったとしても、一度9人になった事実は消せれないし、離れたファンが必ずしも戻ってくるわけではない。3人のファンもそのまま離れるだろうし…。

 

Snow Manはどうなってしまうんだろう…。

Snow Manを見届けると決めたけれど、不安。

Snow Man好きー‼かっこいいー‼かわいいー‼って素直に思えないかもしれないけど、みんな幸せであってほしいと願う。

 

 

加入した3人もとても大変だと思う。

既存のグループに入るのは、自分がそこに合わせなければいけないと感じるし、足手まといになってはいけないというプレッシャーもあると思う。必ずしも、合わせなければいけないということはないけれど…

自分は、まだそんな勤続年数ないけれど、部署異動や転勤を経験し、加入した3人の気持ちに寄り添ってしまうことがある。郷に入ったら郷に従えとあるように、その新しい組織に入ったら、合わせなければいけないこともある。また、周りに出来ないやつが来たと思われないように必死になり、常に神経を研ぎ澄ませている。でも、時が経つと慣れてくる。3人もそうなるのかな…。勝手な憶測だけれど。

時が経つことって当たり前だけど、すごいことだなと実感する。

9人のSnow Manも時が経つと慣れてくるのかな…。

 

それでも、今は6人のSnow Manが大好きと言ってしまう…。

もうこんなざわざわしているの嫌だなー…。

 

 

いっそ、横アリの単独で、嵐のAttack it!を歌って、外野の言葉はシカトする!haha!って思いっきり言って欲しい。

嵐では翔くんのパートで、ここを翔くんが思いっきり歌ってくれるとスカッとする!

仕事中でもたまに心の中で唱えてしまう。

Snow Manでは誰が歌うのがいいんだろう…

ふっかかひーくん辺りかな…

いや、翔くんのパートということで、ここは阿部ちゃんが歌うのもありだなと思う。

Attack it!歌ったら、いろいろ吹っ切れそうだな‼

単独複雑であるけれど、楽しみにしてる。

Snow Manの増員から嵐活動休止でメンタル豆腐になった

2019年1月17日のSnow Man増員の発表から、たった10日後の27日に嵐が2020年末で活動休止になることを発表した。

Snow Man増員の件から、少しメンタルを立て直していたところに嵐の活動休止の発表でメンタルが豆腐になったけど、まだ固形を保っているので、まだ、まだ…大丈夫なのかなと思う。これで茹でられたら崩れるのかも。

Snow Manの増員でかなりへこんだので、嵐の活動休止は驚いたし、ショックだったものの意外と大丈夫だった。

そんな自分にびっくりした。それほどまでに、Snow Manの増員がショックだったんだと思い、Snow Manが大好きなんだと改めて分かってしまった。

 

それでも嵐は長いこと見てきたので徐々に辛くなっていく。

嵐の活動休止発表が日曜日だったが、次の日、仕事にもちゃんと行った。ただ、なにかミスするのではないかと不安な1日を送ったし、やはり周囲からも嵐のことについて聞かれた。

そして、2月1日のミュージックステーションで嵐が感謝カンゲキ雨嵐を歌っているのを見たら、泣いてしまった。

 

約2年後の活動休止を今発表してくれたのは、ファンの心の準備のためだと思うし、各方面の配慮だと思う。

ただこの約2年は辛いなと思う。

これから、嵐を見るたびに全て活動休止に繋がってしまう。

もう、何も考えずに嵐かっこいい!という気持ちだけで嵐を見ることはできない。

それが辛い。

 

 

嵐の会見を見て、本当に嵐はいいグループだし、そんなグループを好きになった自分は見る目があったんだなと思うようにしている。

みんな前向きで、5人で嵐を貫いてくれたことが嬉しかった。

嵐は5人っていうのが好きだったし、それを守っての活動休止なら受け入れるしかないかなと思っている。

私は変わらないことがいいと思っている。変化するのは大変だから。

でも、変化しなければ成長がないというようなことをよく聞かされる。

嵐は変化してきたと思うが、5人であることは変わらなかった。

そこが好きだった。過去形にすると終わってしまうみたいで嫌だけど。

でも、長いこと嵐をやってきてくれたし、嵐を見ると元気をもらえたので、感謝したいとも思う。

 

 

グループにはいろんな形があっていいと思うので、減員してもグループを守るという形も素晴らしいと思う。

デビューしているグループと、しかも第一線を走ってきた嵐と比べるのは違うと思うけど、Snow Manも6人でSnow Manを貫いてほしかったなとやっぱり思ってしまう。

先ほど、グループにはいろんな形があっていいと物分かりのいい発言したけど、嵐みたいにSnow Manにも変わらないでいて欲しかった。

でも、やっぱりデビューしていないグループではそうは言ってられないのかもしれない。

それでも、Snow Man6人で載っている雑誌だけ買ってしまったり、ジャニショのSnow Manのセルフィーを買ってしまったり、まだ6人のSnow Manを追いかけてしまう。

 

 

翔くんの、嵐を宝箱に閉じ込めておきたいという発言は素敵だなと思った。

渡辺くんのすの日常読んだ。とりあえず、見届ける。しかし、翔くんの発言を借りるなら、自分も6人のSnow Manを心の中に閉まっておこうと思う。無くしはしたくないな…。

Snow Manへの今の気持ち

2019.1.17にSnow Manに3人加入して、9人体制となることが発表された。

 

最初は、にわかには信じがたかったけど、様々なネットニュースなどで徐々に本当なんだ…と理解できるようになった。

みなさんの反応を見て、同じように目黒くん、康二くん、ラウールくん3人が悪いわけでは決してないし、タッキーが悪いわけでもないと思う。世代的にタッキーを嫌いにはなりたくないし、タッキーのことだからなにか意図があるのだと思う。もちろん、Snow Manが悪いわけではない。この増員がSnow Manの意志であるかどうかに関わらず。綺麗事ばかり言っているかもしれないけど。

 

3人の担当の意見も見て、ラウールくんはまだ若いから良くは分からないけれども、目黒くんも康二くんも今まで順風満帆だったわけでないし、その担当さんも含めて辛い経験もしていることが分かった。全てではないと思うけれども…。

でも、6人のSnow Manの雰囲気が好きだった。

Snow Manを推そうと思ってからまだまだ時は経っていないけれども、嵐をずっと見てきて、変わらない嵐5人と通ずるものを感じてたし、このSnow Man6人も変わらないでいて欲しかった。そして、もうおそらくこの6人が変わることはないだろうと思っていた。でも、それがデビューできない原因だという意見もあるとは思う。

 

 

私は、変わることがあまり好きではない。特に社会人になってからそう感じるようになった。学生の頃は、なにかと環境が変わることは多かったし、自ら選択してその環境を変えてきたと思う。でも、社会人になってからは、変わらず淡々と仕事をしていきたかった。転勤があるところに就職したのを少し悔やんだ。

自分が選択して就職したのは分かっているけれども、望んでもいない部署移動や転勤が嫌だった。しかし、雇われる身としては、文句は言っていたけど受け入れてきた。

余談だが、転勤のいいところは、嫌な人と一緒に仕事することになっても、いつかいなくなると思えるところだと思う。

すでに築き上げている組織に、入っていくのはしんどい。新しくその組織のやり方を覚えなくてはならないし、毎日が気を張っていてへとへとになる。

この気持ちは加入する3人の気持ちに少し近いところがあるのかもしれない。環境が全く違うし、お門違いなのは分かっているけど…。

 

 

Snow Manもたかだか人事異動があっただけと思うようにし心を落ち着かせているけれども、企業等の人事異動とは意味が違う。

Snow Manにはファンがいる。Snow Manに変わりはいない。

Snow Manが望んで増員をしたのか、それか周囲の影響があったのか分からないのも、自分の気持ちの中で折り合いがつかない要因だと思う。なんで…という気持ちが渦巻いている。自分の中では、Snow Manが望んでではなく、周囲の影響で増員を受け入れたと思いたいところはある。

 

通勤中や休みで一人でいるとき、ぐちぐち考えてしまうし、凹み続ける。その点、仕事に集中していると、このことを考えなくて済むから仕事に集中したい感がある。嫌な仕事に少し救われるとは皮肉だなと思う。

 

Snow Manがいたから転勤も乗り越えて、今仕事もできているし、Snow Manが頑張っているから自分も頑張れた。たかがアイドルのことと思われるかもしれないけど、Snow Manを全力で応援したいと思っていた身としてはとても辛い。

なんで辛いと思うんだろうと考えたとき、6人のSnow Manが阿吽の呼吸でかっこよく歌って踊っているところが大好きだったし、YouTubeなどで楽しそうにしているのが大好きだったからだと思う。

しかし、Twitter等で9人のSnow Manを受け入れようという意見が徐々に増えてきている気がして少し寂しい。

 

Snow Man6人がジャニーズ事務所を辞めたわけではないし、6人が解体したわけでもない。

でも、今まで通りのテンションで渡辺くんの顔がいいと素直に思えなくなっている。それがまた、悲しい。

それでも、Snow Manを嫌いになれない。

 

9人のSnow Manを見るのはまだ辛いし、受け入れられる時がくるのか分からないけれど、それでも、これからのSnow Man6人の行く末を見ていきたいと思う。

IPSAチャレンジ

今、私は滝沢歌舞伎ZEROの観劇に行くまでにIPSAで肌を整える挑戦をしている。

なぜ、IPSAなのかと言うと、YouTubeのジャニーズJr.チャンネルでのSnow ManSixTONESのクリスマスプレゼント交換で、Snow Man渡辺くんが選んだプレゼントがIPSAの化粧水なのだ。

ちなみに、そのIPSAのプレゼントはふっかに当たった。

 

これがそのYouTube動画。


SixTONES×Snow Man【初コラボ】自由すぎるガチ!X'masプレゼント交換(前編)


Snow Man×SixTONES 【初コラボ】自由すぎるガチ!X'masプレゼント交換会(後編)

 

ちょろいヲタクなので、渡辺くんが選んでしかも使っているというIPSAが欲しくなって、さらに肌診断もしてくれると聞いたので店頭に行ってみることにした。

 

まず、肌診断でもスキンケアやメイクなど自分の知りたい情報に合わせて行うらしかった。

自分は渡辺くんが選んだ化粧水が欲しかったので、スキンケア用の肌診断をしてもらうことにした。

肌診断はそれほど時間のかかるものではなかった。カウンセリングもして30分ぐらいかな…。

頬の一部分の化粧を落として、肌を安定させるために少し時間をおいて、診断器?を肌にあてて肌の状態を見てくれる。

先天的肌質*1と後天的肌状態*2に分けて診断してくれる。

そして、肌の悩みや今使用しているスキンケア用品などを聞かれる。

自分は、乾燥・毛穴・目の下のシワが気になることを伝えた。

睡眠不足とかストレスがないかという生活環境についても聞かれ、自分は睡眠は大切にしており寝れないと嫌なので、睡眠不足はないが仕事のストレスはあるかな…とは伝えた。

 

 

結果、水分保持力が1~100の数値の中で6で、皮脂分泌力も1~100の数値の中で63だった。なかなかショックだった。水分保持力6って、全然水分ないやん。かっさかさ。

確かに乾燥を感じるけれども、6って…そんな水分ないの!?

なので、先天的肌質としては脂っぽいのに、カサつきやすい肌ということになった。

肌のキメが粗く乱れやすい、毛穴が比較的大きく目立つことが特徴らしい。

そのため、うるおいを高め、余分な皮脂を残さないケアが必要らしく、そりゃそうだと思った。

後天的肌状態は、4段階で分けられ、影響が小さいのが1だとしたら3であった。まあまあ、影響受けてる。

 

そこから、IPSAが出している個人の肌に合わせた17種類あるMEという化粧液を選んだ。

自分はME スーペリアe3だった。これはうるおいで満たしハリ・弾力感と透明感あふれる肌へ導くものである。

渡辺くんが選んだものとは違ったが、自分の肌に合ったものを使ったほうが良いと思ったのでこちらを購入した。ちなみに、値段も違い、2,000円ほど高いものになってしまった。

 

まず、渡辺くんが選んだものがこちら2種。

www.ipsa.co.jp

www.ipsa.co.jp

 

私が購入したものは、ザ・タイムR アクアとこちら。

www.ipsa.co.jp

 

使った感触として、ザ・タイムR アクアは化粧水なんだけれども肌に入り込んでもっちりする感じがある。

そして、MEをその後使うとよりもっちりして潤うかな…。

そんなにスキンケアについて詳しくないのでうまく伝えられないけど…。

でも、今のところ肌荒れは少なくなったような気がするし、肌が整っているような気もする。

渡辺くんのきれいな肌羨ましいー。かわいいー。

 

 

それと、毛穴が目立つのがずっと気になっていたので、こちらも後日購入。

www.ipsa.co.jp

これは、週1~2回のペースでバームでマッサージして角栓を溶かし、洗い流す。

その後、ローションを使って角栓が取れた毛穴に流し込み、角栓をできにくくするものでこれは毎日使用する形になっている。

これは、まだ1週間しか使っていないが、今のところあまり毛穴が目立たなくなった印象はないが、なめらかな肌になっているのかな…という感じ。

 

 

滝沢歌舞伎ZEROのポスタービジュアルも発表され、制作記者会見もあっていよいよな感じが出てきて、私もすごく気持ちが高ぶってきた‼

滝沢歌舞伎ZEROまでに肌の調子を整えて、万全の状態で臨みたい。

自分が出るわけではないけど…。

*1:その人の生まれもった基本の肌エリアを表している

*2:年齢や生活環境によって今までに肌が受けてきた影響度合いを表している

20周年おめでとうございます。

明けましておめでとうございます。

今年もSnow Man大好きでいたいです。

 

2019年始まってしまいましたが、去年書き残していたARASHI Anniversary Tour 5×20の感想を残しておきます。

 

 

 

12/23に、嵐が5大ドームツアー50公演を行うことが発表された。

ドームでこの数の公演数ってできるんだ…って驚きと嬉しさでいっぱいになった。

いつも嵐は私たちを驚かせてくれる。そんな嵐大好き。

 

 

そんなこんなで、もう終了しているナゴヤドームの公演に行ってきました。

グッズもとても良くて、その中でもフォトセの集合に入っている、デビュー曲A・RA・SHIのジャケ写を今の嵐が服装もそれらしいのに合わせて撮られたものが素晴らしい。

本当に懐かしい‼

デビューしたとき、まだ小学生だった自分はなんだ!?このかっこいい人たちは⁉とはまり、少ないお小遣いでデビュー曲のCDを買った覚えがある。そして、今でも実家にある。

当時のCDって8cmの小型CDだったんですよね。

なぜ小型CDって、いつの間にかなくなってしまったんですかね…?

その時は、まさか20年も嵐を好きでいるとは思わなかったし、ましてや嵐が続いているとも考えてなかった。

20年後なんて、自分が何しているかなんて全然想像つかなかった。

20年の間、少ないお小遣いでは嵐のCDを買い続けることができなく、そして受験や高校生活が楽しくて嵐をそれほど追いかけなかったことがあるけど、シングルは耳に入っていた。大学生のとき、5×10を知り、またはまるようになった。大学生となればバイトもしてて、ある程度自分の好きにできるお金ができたので、FCに入りそこからコンサートにも行くようになった。

20年長いけどあっという間だった。

前回の記事でも、キスマイの5年ぶりの冬ドームで振り返ちゃったけど…

最近振り返りがち。

 

 

セトリはこの20年間が詰まった曲オンパレードだった。

感謝カンゲキ雨嵐で始まり、5×10でもこの曲から始まり、そういう節目で最初にファンに感謝を述べてくれる嵐が大好きだ。私も嵐に、この曲に乗せて感謝を述べるよう歌った。もうすでに涙出そうだった。

 

そして、Oh Year!や言葉より大切なものでも声出して盛り上がった。

 

Twitterなどのレポをそんなに追っていないし、パンフレットも読めていないので情報が乏しいのだけど、今回、各々ドラマで主演した主題歌で、その主演演じた人がメイン?になってパフォーマンスしている様子が大変良かった。

 

I'll be thereの相葉ちゃんの映像から歌に入ったのも良かったし、ニノの果てない空のソロも良かった。

果てない空は本当に好きで、ニノのフリーター、家を買う*1もとてもニノがよい演技してて好きだし、宮城のBLASTでの演出が本当に素晴らしかったのを思い出した。

ただ、ニノが声出づらそうだった。ニノが心込めてソロ部分を歌っていたのが感動した。

それから、翔くんのアオゾラペダルのピアノ演奏とみんなでの合唱‼

やっぱり翔くんってお坊ちゃんなんだと実感した。

合唱しているとき無性に泣けてきた。みんなで声揃えて歌って20周年をお祝いしていることに。

潤くんのオーケストラもおおちゃんも…あれ、おおちゃんの演出がはっきり思い出せない…

 

復活LOVEで映像に生田斗真くん出てきてびっくりした。

8時だJ良かったよ~。

 

ハダシの未来やGUTS!で踊って声出して、定番だけど楽しかった。

今回20周年にあたって、5×10の続きというか、さらに20周年でバージョンアップした感じの5×20の曲がまた聴きたい!

音源化しないのかな…。

 

本当嵐のコンサートは楽しくてこの時間が終わらなければいいといつも思う。

毎年年末に行われるツアーなので、1年の嫌なことを忘れさせてくれていい年だったと思わさせてくれるし、1年納められたかなと思う。

ドームという広い会場だと、観にくいこととかあるけど、嵐はそんなことない。

嵐は大きく見せてくれる。

追加で発表された公演は驚くべき内容だし、嵐は大丈夫かなと不安になるけれども、とても楽しみにしてる。

 

 

最後にバックに付いていたJr.のことを少し…

実は名古屋の初日が始まる1日前に、宇宙sixの松本こうちゃんの舞台*2千秋楽を見に行っていた。妹が好きなので一緒に行って、面白かった。

こうちゃんは、名古屋の前の公演では舞台があったのでバックに付いていなかったのだけど、次の日の名古屋から付いていて凄いなと思った。

舞台もやりつつ練習していたんだなー。

 

5×20の演出で、バックのJr.が歴代の嵐のコンサート衣装を着ていて、今までを思い出せて良かった。

誰がどの衣装を着ていたのか教えて欲しいな~。

松本こうちゃんが宮城BLASTのニノの法被を着ていたのは分かったけど、他がよく分からなかった。ポップコーンの被り物付けてたのは目立ってた。

早く円盤で確認したいなー。

*1:関ジャニ∞の丸ちゃんとキスマイの横尾さんも出てる

*2:カクタス・フラワー